琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

安田記念予想

1 1 アルビレオ 松永 白井
   2 フジサイレンス 五十嵐 田子
2 3 ダイワメジャー 柴田善 上原
   4 オレハマッテルゼ 蛯名 音無
3 ○5 ダンスインザムード デザーモ 藤沢和
   6 ローエングリン 後藤 伊藤正
4 7 ×アサクサデンエン 藤田 河野
   8 ×バランスオブゲーム 田中勝 宗像
5 9 カンパニー 福永 音無
   10 [外]ボウマンズクロッシング デルペッチ 香港
6 11 スイープトウショウ 池添 鶴留
   12 [外]サイレントウィットネス コーツィー 香港
7 △13 アドマイヤマックス 武豊 橋田
   14 ユートピア 安藤 橋口
   15 サイドワインダー 内田博 北橋
8 16 [外]×ブリッシュラック モッセ 香港
   17 ▲テレグノシス 勝浦 杉浦
   18 ◎ハットトリック 四位 角居

難しい。本当に難しいレース。どの新聞にも「難解」と書いてある一戦。
どの馬も一長一短あるという感じで、特にここ2週はシーザリオとかディープインパクトのような「堅軸」が存在していただけに、なおさら難しいレースのように感じられる。

ハットトリック
前走マイラーズCの敗戦で一気に評価が下がった感じで、ましてや大外枠。でも、僕はこに馬を本命にしてみました。いや、最近の記憶にばかりとらわれがちになるけれど、マイラーズCの前までは、「安田記念ハットトリック!」とみんな思っていたんじゃないかなあ。
東京新聞杯のレースを観ても、この馬の能力を一番発揮できるのは広くて直線が長い東京コースのはず。

ダンスインザムード
マイル戦は、マイルCSデュランダルの2着になった以外は、全部勝っている(4戦3勝、2着1回)という現役屈指のマイラーで、藤澤厩舎としてはハードな追い切りとAコース使用で内ラチ沿いにグリーンベルトがあるという条件も考えると、有力候補の1頭。

テレグノシス
東京トニービン産駒。買うと来ない、買わないと来る。

アドマイヤマックス
武豊だし、一昨年はアグネスデジタルの2着。左回りは走ります。でも、武豊は「微妙に長い」って言ってたな確か。

×バランスオブゲーム
鉄砲、東京コースは走ります。いや、好きなんだよね、この馬。

ちなみに、僕がいつも利用している「JRAVAN競馬情報」のサイトには「電脳競馬予想」という予想ソフトの結果を表示してくれるサイトがあるのですが、その中で、
【SUPER当馬君の予想】このレースは見送ります。
というのがあってビックリしました。
確かに、「このレースは買うな!」というのも予想のうちだよね。

アクセスカウンター