琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

もしも楽器が弾けたなら

ブラスの祭典(3)

ブラスの祭典(3)

佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラの話を今朝の「とくダネ!」のオープニングトークでやっていた。その話の中で、このオーケストラのコンサートのアンコールでは「星条旗よ永遠なれ」が演奏され、その際には楽器を持った観客たちがステージに上がって一緒に演奏する、というのが恒例になっているというエピソードが出てきた。文字にしてみたら、なんだか安っぽい話になってしまうのだけれど、実際に楽器を持った人たちがステージに立って、みんなで演奏している映像というのは、なんだかとても感動的で、思わず涙が出そうになったのです。
年取って涙もろくなってしまった、というのはあるのかもしれないけれど、こういう「音楽が何かを超える瞬間」というのは、ものすごくいいよなあ、と思う。
ほんと、僕も何か楽器が弾けたらなあ、なんて、ずっと嘆いてばかり。

そういえば、「ノルウェイの森」を読むと、いつも「ギターが弾けたらなあ」と思って、押入れの中のギターの弦を張り替えたりしている。

アクセスカウンター