琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ある「マイコン少年」の半生

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/18/news023.html

サイバーエージェントの藤田社長の本などを読んで思ったのですが、オタク属性の男の人生というのは、人生のどこで「女の子にモテたいっ!」と切実に考えて、そのために努力するようになるかによって変わってくるようです。その時期が早ければ(中学生〜高校初期)、脱オタしたりミュージシャンになっちゃったりするし、遅くなるほど「非モテ毒男」になってしまいます。ちなみに僕は、今までの人生において、そんなに切実にモテたいと思ったことはなく(もちろん「不自由していなかった」わけではない)、なんかめんどくさいなあ、と思いつつ生きていたら、こんなになってしまいました。僕も早く覚醒していれば…と言っても後の祭りなのですけどねえ。

アクセスカウンター