琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

優しい「電車男」

昨日の「トリビアの泉」の実験は、けっこう反響が(WEB的には)あったみたいなのですが、「あんなのおとぎ話だ」というので思ったのですけど、「おとぎ話」というのは、「教育の一環」でもあるんですよね、たぶん。たとえば、「こぶとりじいさん」なんて、まさに「正直に生きましょうね」という「教訓」なわけだし。
そういう意味では、「電車男」が、おとぎ話であろうがなんであろうが、「困っている人を助けると、いいことがあるよ」という「教訓」を若者たちに植え付けているというのは、すばらしいことなのかもしれません。
これを書いていて「でも、所詮助けられるのは、若くてかわいい女の子だけなんだよね」というオチにしようかと思ったのですが、考えてみたら、子供やお年寄りが、電車の中で酔っ払いにからまれる状況というのは、実際にはけっこう低頻度なんだろうし、「電車男」は、けっこう社会の役に立っているのではないかなあ。

アクセスカウンター