琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

赤塚不二夫のおコトバ

赤塚不二夫のおコトバ―マンガ人生50周年記念出版

赤塚不二夫のおコトバ―マンガ人生50周年記念出版

赤塚さんというのは、ものすごく真面目にものすごくバカなことをやろうとし続けている人なのだなあ、と。
印象に残った言葉
【オレでも、1割バッターなんだよ。】

 TVプロデューサーの森本茂樹さんが、ヒット番組を生み出すのは難しい、という話をしていたら、赤塚先生は、「当ったり前でしょ。そんなにヒットを量産できるわけないよ。オレはこれまで60作以上の作品を描いたけど、当たったのは『おそ松くん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』『ひみつのアッコちゃん』など6作品だけ。1割ヒットを打てば、充分なんだよ」と仰られたそうです。
 赤塚先生の場合は、ヒットといっても「大ヒット」なのですが、確かにそうだよなあ、とも思うし、今みたいに漫画家とその予備軍がたくさんいる時代では、1割だと厳しいかなあ、とも思うし。 
 それにしても「天才バカボン」を今あらためて読んでみると「どうしてこんなことを考えつくんだろう?」と思えてきてしかたがないです。本当に凄い。

アクセスカウンター