琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

鬼嫁日記

http://www.ktv.co.jp/oni/

第1回を観たのですが……
うーん、笑えん、ビタイチ笑えん……
僕が男だからかもしれないけど、なんかもう、単なる「イジメ番組」としか思えない。

世界の中心で、愛をさけぶ」みたいな作品の場合は、映像化によって「小説としてはできすぎだけど、こういう話もあるかもしれない」というような架空のリアリティを獲得できる面もありそうだけど、「鬼嫁日記」の場合は、「こんな現実は観たくねえ」というのが僕の感想です。「本当は仲がいいんだよ」と制作側は言いたいのかもしれないけどねえ…

アクセスカウンター