琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

それは猫のせいなのか?

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051013k0000e040059000c.html

 この記事の内容からすると、「猫犯人説」が、もっとも考えられるような気はします。僕も「この猫の便を調べればいい」と思うのですが、それにしても、「猫は絶対にそんなことはしない!」という愛猫家の人たちのリアクションは、なんだかちょっと違和感があります。「トリビアの泉」で、飼い主のピンチに飼い犬は助けてくれるか?というのをやっていましたけど、実際には、「野生」というのは、人間の勝手な思い入れ通りにはいかないものだし、「この猫がやった」のかはともかくとして、「こういうことがあっても、別におかしくはない」という気がするんですけどね。

 でも、この事件に関しては、もし「猫の仕業」でなければ、ネズミ、アライグマ、犬のほかにも、疑われるべき動物が、あと一種類います。
 それは、人間。
 実は、「人間に一番残酷なことをしてきた動物」って、間違いなく「人間」なんですよね。
「猫は絶対そんなことしない!」って言うけどさ、人間ならやりそうなのか?


 やりそうだな……

アクセスカウンター