琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

頑張れとか、頑張らなくていいとか

 結局、自分がキツイときの励ましの言葉に対する印象というのは、表現より「誰がその言葉を自分にかけてくれたのか」というのが大きなウエイトを占めているような気がします。
 本当に辛いのは、気のきいた励ましや慰めの言葉がないことではなく、励ましたり慰めたりして自分を支えてくれる人がいないことなのかもしれません。

アクセスカウンター