琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

レイザーラモンHG

HGさんが「はねるのとびら」で、北陽の虻川さんとソフトボール対決していたのだが、結局4球のうちピッチャーゴロ1球、見逃しのストライク1球、空振り2球でHGさんの負け。でも、最後の空振りした2球は、外角低めギリギリのストライクからボールになる球で、そりゃ打てねえよ、と言いたいくらいのナイスボールでした。
で、レイザーラモンHGさんが、昔「レイザーラモン」のひとりとして素顔でネタをやっているときの映像が流れていたのですが、顔にはモザイクでもかかるのかと思ったら、けっこう普通に体育会系の素顔でモアイのネタをやっている姿がオーロラビジョンで流されていたのには、ちょっとビックリしました。今こんなに売れているのに、けっこうユルいというか、往生際が良すぎるなHG。一発ネタとしては面白いだろうし、「素顔」も話題になるかもしれないけど、HGというキャラクターの神通力を考えると、あんなに簡単に素顔を出しちゃうのは、絶対にマイナスだと思うんだけどなあ。まあ、本人も「いつまでもハードゲイキャラでやっていけるわけもない」って話していたから、そんなにこだわりはないのかもしれないけどさ。

アクセスカウンター