琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ゆうパック訴訟

http://www.asahi.com/national/update/0119/TKY200601190272.html

僕はいつも通販などの「受け取る側」としてはお世話になっているのだけれども、「送る側」になった記憶がほとんどないのです。一時は盛り上がっていたこの裁判、なんとなく尻すぼみのような形で判決が出ましたが、興味深いのは、このasahi.comの記事のなかで、「ヤマト運輸は荷物1個あたりの平均単価が高い」ということが示されており、そして、「高い」にもかかわらず業界トップであり続けている、ということです。しかし、けっこう違うものですね会社によって。佐川急便とヤマト運輸って、こんなに「値段」が違うんですね。佐川は「ドライバーの運転が危ない」とか「荷物の扱いが荒い」なんて噂を聞いていましたが、今はどうなんだろうなあ。
それにしても、訴えたのはいいけれど、朝日新聞に間接的ながら「ヤマト運輸は高い」と書かれてしまうなんて、逆効果もいいところなのでは…

アクセスカウンター