琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

サンマリノGP

 F1を観ていると、1年に1レースか2レースくらい、「ああ、これがあるからF1はやめられない!」と思うような凄いレースが観られることがあります。今年はまさに、このサンマリノGP。ほんと、「落日の皇帝」シューマッハを「なんとか今日だけはシューマッハを勝たせてくれ!」と祈るような気持ちで見つめていました。あのセナの事故からもう12年。あのとき「生意気な若造」だったシューマッハは、あれから12年間、F1を支え続けてきたのです。ほんと、「この12年間に活躍したF1レーサーを挙げよ」と言われたら、あとはハッキネンくらいしかすぐには挙げられないくらい。
 しかし、毎回「落日」とか言うのって、けっこう失礼ですよね。シューマッハの場合、最近勝てないのは、マシンの問題が大きいと思うんだけど。

 でも、なんだか最近、シューマッハには、もう勝てなくてもいいから、とにかく無事に引退してほしいな、というようなことをよく考えます。

アクセスカウンター