琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ジーコの遺言

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200606/at00009611.html

辞めていく人だからこそ、その「最後の言葉」は、よく肝に銘じておくべきでしょう。

――日本はアジアカップで優勝するなどアジアでは力を見せた。世界との大きな差は具体的には何か?

ジーコ:まずプロフェッショナリズム。自分の欠点を、それも日常のレベルで知らないといけない。日本の選手は外国のリーグでたくさん使われているわけではないが、私は彼らを信頼しているから使っていた。しかし選手には(試合の)リズムが必要。そこは改善しないといけない。外国のクラブだけでなく、Jリーグでも自分のいるクラブでずっとプレーしないといけない。もっと大きな大会に出ることも必要だ。肉体的に強くならないといけない。オーストラリア戦、クロアチア戦を見れば分かる。彼らはボールを前に放り込み、体を使ったプレーをしている。日本はそこが問題だ。W杯においてはとてもフィジカルの強い選手を相手にしないといけない。

「出場できないビッグクラブへの海外移籍」とかについては、やっぱり考える必要があるのではないでしょうか。スポンサーの関係もあるのでしょうけど、柳沢や高原や中田は、せっかく海外に移籍しても、結果的に試合に出られないことによって、確実に劣化していったような気がします。

アクセスカウンター