琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

日本ハム金村が監督批判

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20060924-00000057-kyodo_sp-spo.html

 今季最終登板の金村は試合後、「絶対許さない。外国人の監督だから個人の記録は関係ないのでしょう。顔も見たくない」と監督批判を繰り広げた。
 金村の投球は、5回途中で8安打と褒められる内容ではない。実際、球団幹部は「監督はよくあそこまで引っ張った。この時期に個人成績をどうこう言うのはおかしい」と口をそろえた。

 ピッチャーというのは、このくらいの鼻っ柱の強さが必要なポジションなのかもしれませんが、これはちょっとあんまりです。この記事が事実であるならば、金村に「個人記録のことしか考えてないのか?」と思う人のほうが多いのではないでしょうか。完璧に抑えていて、突然交代を告げられたわけじゃないみたいだし。
 よりによってこんなチームにとって大事なときに、エースと呼ばれるピッチャーがこれでは……
 プレーオフがあるとはいえ、今年のルールでは、1勝分のアドバンテージがある1位通過チームが圧倒的に有利なのに。

アクセスカウンター