琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

『DEATH NOTE』(前編)感想

http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20060722#p1
↑に映画館で観たときの感想を再掲しておきます。
 しかし、なんのかんの言いながら、今回のTV放映も観てしまったし、後編もここまで来たら観てしまいそうです。
 原作で南空ナオミさんがいなくなってしまったときには、これは何かの伏線に違いない!と思ったものだったなそういえば…

 それにしても、映画公開からこんなに短期間で地上波放送されたのって、日本では初めてなのではないでしょうか?以前聞いた話だと、「TV放映は、映画公開後2年経ってから」というような「内規」があったような気がするんですよね。
そういえば、アメリカではちょっと前に、マイケル・ムーアの『華氏911』を公開直後にもかかわらず、ブッシュ大統領へのネガティブ・キャンペーンのためにTV放映しようという動きがあったみたいなのですが(実際は公開されませんでした)、少なくとも今まではこの「縛り」のおかげで「ロード・オブ・ザ・リング」などは、3作目「王の帰還」の公開前にようやく第1作の「旅の仲間」がTV放映されたりしていたんですよね。
 今後は、こういう形での「続編映画プロモーション」が増えていく可能性がありますね。もっとも「TV待ち」で映画館に観客が来なくなり、続編が公開中止、なんて可能性も……

アクセスカウンター