琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「文学賞メッタ斬り」版、第136回芥川賞・直木賞予想

http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/literaryawards/070109_1st/

 大森望さん、豊崎由美さんによる恒例の芥川賞直木賞予想。
 僕は今回の候補作は1作も読んでないので予想はできないのですが、この予想を読んでいたら、とりあえず三崎亜記さんの『失われた町』は読んでみたいと思いました。あと、『図書準備室』にも魅かれるなあ。
 最近の芥川賞直木賞は「女性と家族の再生の物語」ばっかりだったような気がするのですが、ここへきて「ダメ男ブーム」到来、という感じです。

アクセスカウンター