琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

イボンヌ木村さんの「その後」

 私が「中村うさぎ」になったのは、平成3年のことである。それまで、私は「イボンヌ木村」であった。PC-9801PC-8801のゲームを主に取り扱っていた角川書店の『コンプティーク』というPCゲーム雑誌にて、そのペンネームで記事を書いていたのだ。

 これ、↑の本に掲載されている中村うさぎさん自身のコメントなのですが、あの「イボンヌ木村」が、中村さんだったなんて、知りませんでした。イボンヌ時代には、「コンプティーク史上初の女性エロげーライター」として、「袋とじ」などを担当されていたそうです。
 馳星周さんになった『ポプコム』のレーニンさんといい、マイコン雑誌の編集者(とくにエロゲーライター)は、人気作家への意外な近道だったのかもしれません。

アクセスカウンター