琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

はてなイノセンス

じいしきすぱいらる(3Pダイアリー (7/19))

はてなスター」が消せるようになった!というのを聞いて、僕も↑のようなことを考えてしまいました。
「消せるのに消さないってことは、『はてなスター』推進派だな!」あるいは「馴れ合い大好きなヤツだな!」と思われてしまうのではないかと。
僕は今のところ「緩やかなポジティブ・ネットワーク」を作りたいという「はてな」の理念には共感しているので消しませんけど。


 っていうのはキレイごとなんですけどね。
 だって、トラックバックを受け付けたりコメント欄を開放している時点で、ある程度「自意識過剰」なんだしさ。各エントリに「ブックマーク数」を表示したり、「このブログをアンテナに登録する」なんていうボタンまでつけてるんだし。いまさら奥ゆかしく振る舞ってもしょうがないかな、と。
 ところで、「はてなスター」っていうのは、傍からみた「自意識過剰度」としては、どのくらいのレベルなのでしょうか?
 僕のイメージでは、「コメント欄」「トラックバック許可」よりは上で、「アクセスランキングへの投票呼びかけ」「各エントリのはてなブックマーク数表示」よりは下、なのですが。
 そう考えると、いまさら「はてなスター」を全否定するほうが、僕にとっては恥ずかしい気もします。

 まあ、とりあえず誰かに読んでもらえるキッカケになりそうなもので、スパムや他の人の失礼にならない手段はとりあえず使ってみますよ僕は。
 それにしても、こういうのって、消せないと押し付けられたみたいで嫌だけど、消せるようになると、ちょっと消すのがもったいないような気がしませんか?
 

アクセスカウンター