琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ココロミくん ☆☆☆☆

ココロミくん

ココロミくん

出版社/著者からの内容紹介
 お待たせしました! 一日数十万ヒットの大人気ポータルサイトデイリーポータルZ」で毎週、中毒的リピーターを大量発生させている(ある意味)天才イラストレーター、べつやくれいの連載が、オールカラーで一冊の本になりました!
 「かっこいい鼻メガネをつくる」「スタ●や東●ハ●ズやTS●TA●Aの店員のコスプレをして、当のお店に入る」「ルーズソックスで文字をつくる」など、累計300万人の読者を唖然とさせた“別にやらなくてもいい”ココロミ(試み)の数々を、加筆、修正のうえ収録。そして、描き下ろし連作マンガ「ジャンボ星人 from 宇宙」に新企画ネタもたっぷり入れています。

 おそろしくムダなことがステキに見えてくる、オンリーワンの“べつやくワールド”をお楽しみください!

 「やらなくていいこと ひたすらココロミました!」

 「よくぞこんなことを!」と半ば呆れてしまうような「実験」の数々を、べつやくさんがまさに「体を張って」行っています。
 どちらかというと、「技術的にできない」ものよりも「恥ずかしくてできない」系のものが多かったりするのですが、写真から「なんとなく居心地が悪い雰囲気になっている周囲の空気」が伝わってきたり、ところどころで、べつやくさん自身が写真で「顔出し」されたりしているところが、なんだかとてもそそられるんですよねこれが。表情とか服装とが、全然「よそいき」じゃないところも魅力です。「ちょっとだけ変わった、でも普通の範疇には入る(であろう)女の人の日常を垣間見る感じ」とでも言いましょうか(まあ、普通の人はこんな「実験」やらないでしょうけど)。人の顔って、シチュエーションによって、こんなに違って見えるのだなあ、とか。
 同じ内容でも、全部マンガだったら、こんなに面白くは感じなかったかもしれません。

 ここでココロミられていることを読んでいると、ああ、そういえば「大人は長靴を履かない」のだなあ、とか、「人間って、後ろが見えないのが当たり前」なんだよなあ、とかいうようなことを、自分は「今まで疑問にすら思っていなかった」というのをあらためて考えさせられました。まあ、それを自分でココロミてみようと思うかどうかは別として……

アクセスカウンター