琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

文学賞メッタ斬り!|第138回芥川賞・直木賞選考会


文学賞メッタ斬り!|第138回芥川賞・直木賞選考会

そういえば、もう今日発表なんですね。今回は候補作のリストを見た時点であまり僕としては気分が盛り上がらず、毎回楽しみにしていた「メッタ斬り!」も全然読んでませんでした。ここで紹介されている「候補作のあらすじ」をみても、「これ読んでみよう!」という気になるのは、桜庭一樹さんの『私の男』津村記久子さんの『カソウスキの行方』くらいです。考えようによっては、「タイトル獲ってなきゃ、手にもとらないような本」を読んでみようという気になるのも、文学賞の功績なのかもしれませんが。

アクセスカウンター