琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「愛している」と言ってくれ

 今日だから言える!

 最近何が楽しくてブログをやっているのかよくわからなくなってきている僕に誰か愛の手を!
 というわけで、本日限定のお願い企画です。

 あの……本当にカッコ悪くて申し訳ないのですが、この『琥珀色の戯言』を、ちょっとでも「楽しみに読んでますよ」というありがたい方がいらっしゃったら、このエントリに「はてなスター」をつけていただけないでしょうか。
 手間をとらせてしまうのに具体的なお礼もできないのは、非常に申し訳ないのですけど。

 いや、僕だって、みんながみんな叩くために読んでいるなんて思ってないですよ、本音の部分では。
 でも、そういうのって、ときどきものすごく自信が無くなってしまうんですよね。
 こんなにイヤな思いをすることがあっても、ブログを書くことに意味はあるのか、とかね。
 「意味」とか「理由」なんて考え始めたらキリが無いものだし、じゃあ、1日1万アクセスとか書籍化とかが「ゴール」なのかと言われたらたぶんそういうものじゃないのだけれども、なんかね、たまに、本当にたまになんだけど、「目に見える御褒美」が欲しいな、とか思うのです。

 こういうのを不快に思う人も多いと思うのですが、そこはそれ、今日は「4月1日」だからさ。

 しかし、この時代に個人サイトレベルで「エイプリル・フール」を有効利用しようと思ったら、「嘘だけど」って前置きして日頃「政治的配慮」のために言えない悪口を書きまくるくらいしか思い浮かばないよなあ。「どうせ嘘なんだろ」って思われている状況で面白い嘘をつくのって難しい。
 相変わらず腹黒くてすみません。

アクセスカウンター