琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「どんな音楽聴くの?」という質問って、意外と困りませんか?


 5年前くらいに書いたものなので、出てくるアイテムがちょっと古めです。

 ついこの間のこと、長年の友人である女性に、こんなことを聞いてみた。
「日頃どんな音楽を聴いてるの?」
 別に、突然こんな話になったわけじゃなくて、彼女のCDウォークマンが壊れた、という話の流れでそういう質問をしてみただけだ。
 でも、彼女の答えは「う〜ん、いろいろですよ」というものだった。
 僕は、なんとなく腑に落ちないような気分になったのだが、よく考えてみれば、僕自身も「どんな音楽聴く?」という質問には、いつも悩まされるのだ。
モーニング娘。」とか言ったら、このオッサン何考えてんだとあきれられるかもしれないし、宇多田ヒカルじゃ、あまりにメジャーすぎて何も考えてない人のように思われるかもしれない。ちょっとマイナーなアーティストを挙げたら、通ぶっていうイヤミな人の印象を与えるかもしれない。クラシックなんてのも、お高くとまってると思われそうだしなあ。
 あまり有名じゃない人を挙げて、「それってどんな曲を歌ってるの?」とか尋ねられ、答えに窮してしまったりもするのだ。
 まして、名前を挙げたアーティストが、批判されたりするのはまっぴらごめん。

「何が好き?」って質問は、意外と訊かれるほうとしては大変なのだ。
訊く側は、意外と「好きなこと話させてやるよ」くらいにしか思ってないことが多そうなのだけど。

 あんまり難しく考えなくても、世間には「何が好き?」と尋ねられると困ってしまう人種とそれを理解できない人種がいるのは、紛れもない事実だ。

 そんなことばかり考えすぎてしまうから、
 見えるものを見えると言えずに今日も眠れない。

アクセスカウンター