琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

リボンステークス ☆☆☆


リボンステークス

リボンステークス

内容紹介
調教助手が主人公の、著者会心の競馬小説!
石松俊太郎が調教することになったブリリアントリボンは、左目が弱視だった。
距離感が掴めなくなっている弱点を克服するための調教の末、
目標の日本ダービーへ挑む!雑誌「ギャロップ」に連載された、競馬小説!

競馬ファンにとってはそこそこ楽しめる佳作、という小説です。
この小説は、競馬を題材として、自分の仕事や人生に誇りや希望を失ってしまった男の再生を描いているのですが、やっぱり、「こんなに簡単なものじゃないだろう……」とも思うんですよね。
「調教助手」という立場からみた馬のトレーニング法や騎手や調教師、厩務員との人間関係など、よく取材されていると感じましたし、職業小説としては、けっして悪くないデキです。
ただ、競馬って、「現実のほうがはるかに小説的」な世界であるのも事実で、これを読むなら『銀の夢』を読んだほうが……とか考えてしまうのも事実。

個人的には、ブリリアントリボンとの「幸運な出会い」がなかったら、俊太郎はどうなっていたんだろうなあ、というようなことを感じました。
競馬の世界もそうだし、人生なんていうのは、悩んだり苦しんでいたりしたときに、起死回生のチャンスが巡ってくることのほうが少ないわけだから。

あんまり夢とかロマンに満ち溢れた小説ではないですが、大人の競馬ファンにとってはそこそこ楽しめる「物語」なのではないかと。


銀の夢―オグリキャップに賭けた人々 (講談社文庫)

銀の夢―オグリキャップに賭けた人々 (講談社文庫)

アクセスカウンター