琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

僕が苦手なもの。


この「ケーキの上にのっているサンタクロースとかトナカイの小さな人形みたいなやつ」が、僕は昔から苦手なのです。
食べちゃうのはなんだか残酷な気がするし、さりとて、捨てちゃうのはかわいそう。ゴミ箱の中で泣いてるような気がする。
結局、冷蔵庫の片隅にずっと置きっぱなしになることが多かった。
僕の子供のころの困った癖は、なんでも擬人化しすぎてしまうことで、「ひよこ饅頭」はまず最初に頭をひとおもいにかじってひよこを「絶命」(それ以前に生きてないんですけどね。わかってますよええ)させてから残りの部分をゆっくり食べていたし、鯛焼きも頭、とくに目の部分を一気に食べてしまうようにしていたんですよ。活け造りの魚ならともかく、鯛焼きだぞ昔の自分……いや、今でもその習慣は続いているんですが。

ちなみに、このケーキのトナカイは、あっという間にうちの嫁に食われました。
「トナカイはチョコレートでできてたからねえ。サンタはマジパンであんまり美味しくないからいらない」
ううっ、相棒を失って、かわいそうなサンタさん……

いや、こういうデコレーションも、人によってはかえって「見ているのがつらい」ものだったりするんですよ。
……そんなのお前だけだよ!ってそうですかそうですよね……

アクセスカウンター