琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「2011年本屋大賞」は『謎解きはディナーのあとで』

「2011年本屋大賞」は『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉著(小学館)に決定いたしました!(本屋大賞公式サイト)

今回はかなり接戦だったようですが、結局、各地の書店員さんたちの「推し」が目立っていた『謎解きはディナーのあとで』が大賞に。
まあ、「万人に読みやすくて、楽しめる本」という意味では、悪くない選択なのかもしれません。
僕の予想は1位と3位が的中しましたが、『神様のカルテ』は意外と順位低め(「売れすぎている」からなのでしょうか)。
ふがいない僕は空を見た』が2位か……正直、これが1位にならなくてよかった……

あと、『錨を上げよ』の4位にはかなり驚きました。
みんな本当に全部読んだのか、あれ……

参考リンク「2011年ひとり本屋大賞」(琥珀色の戯言)(すべてのノミネート作品の感想を書いてます)

以下、受賞作の感想(再掲)です。


謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで

内容説明
執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!

ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。
彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。
本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。


内容(「BOOK」データベースより)
「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ

かなり売れているようなので、どんな本なのだろう?と手にとってみました。
僕はミステリマニアではありませんが、『このミス』のベスト10の3〜4作くらいは毎年読んでいます。
そういう「ミステリ慣れ」している人間からすると、この本って、「執事の毒舌」がちょっと目新しいだけの「読者参加型推理短編集」にしか思えなかったんですよね。
設定からは、筒井康隆御大の『富豪刑事』(ちょっと前に深田恭子主演でテレビドラマ化されていましたね)を思い出したのですが、『富豪刑事』は、「主人公が大金持ちであること」を利用したストーリーになっていたのですが、この『謎解きはディナーのあとで』では、主人公が「お嬢様」であることが「執事がいることの理由」にしかなっていません。
せっかくの設定が、ちょっともったいないような気がしました。
いやまあ、この執事・影山の

 「失礼ながらお嬢様――この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」

という慇懃無礼極まりないセリフは、なかなか痛快ではあるのですけどね。

個々の作品のトリックは、「なるほど」とは思うものの、少なくとも、驚くようなものは無いというか、中高生向きの「推理クイズ」レベル。
もちろん、僕には全然わからなかったんですが、解決編を読んでみると、「ああ、これはどこかで読んだことがある」という気がしました。

しかしながら、この作品、「気合いの入ったミステリを読むこと」に疲れてきた僕としては、けっこう良い「息抜き」にはなったんですよ。
最近の「本格ミステリ」って、解決編を読んでも「そんな複雑なの読者にわかるわけないだろ!」とツッコミたくなるような大掛かりものがほとんどで(「叙述トリック」っていうのもありますしね)、こちらは、「参加」することがほとんど不可能になってしまっているのです。
でも、この『謎解きはディナーのあとで』の「謎解き」は、読み終えたあと、「なんでこのくらいのトリックを見抜けなかったんだろう、ちょっと悔しいな」という気分になることができました。
そういう意味では、実に「ゲームバランスがとれた作品」なのかもしれません。
本格ミステリ」がどんどん専門化、細分化していく一方で、「もっとシンプルで読みやすい謎解き」へのニーズって、意外とあるのではないかなあ。

「もっと『スゴイ本』はたくさんあるはずなのに、いま、なぜこの本なのか?」
そんな「謎解き」をしてみると、なかなか興味深い本ではありました。

富豪刑事 (新潮文庫)

富豪刑事 (新潮文庫)

アクセスカウンター