琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2021-01-14から1日間の記事一覧

【読書感想】暗殺の幕末維新史-桜田門外の変から大久保利通暗殺まで ☆☆☆☆

暗殺の幕末維新史-桜田門外の変から大久保利通暗殺まで (中公新書)作者:一坂 太郎発売日: 2020/11/20メディア: 新書 内容(「BOOK」データベースより) 近代日本が生まれた幕末維新期。日本史上これほど暗殺が頻発した時期はない。尊皇攘夷論の洗礼を受けた…

アクセスカウンター