琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

[映画]「スチームボーイ」と大友克洋


 昨日の朝の「めざましテレビ」に大友克洋さんが短時間出演していたのだけれど、もう50歳になっておられることに愕然。僕が中学校時代に「AKIRA」を同級生の家で読んで衝撃を受けてから、確かに長い時間が経っているのだ。そういえば、そいつの家で聴かせてもらったカルチャークラブのビジュアルにもビックリしたなあ。「スチームボーイ」では「9年間煙ばかり書いているスタッフもいる」というエピソードに感涙。
 総制作費24億円は、日本映画としては、まさに破格(ちなみに「スパイダーマン2」は、220億円)。
 

アクセスカウンター