琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「おつかれさま」と「ごくろうさま」以外の方法


http://smz1.players.ne.jp/imagediary/user/hill_livin/pc/index.php


ラジオ番組(http://www2.jfn.co.jp/hillside/)で聴いた話。

【仕事を終えて、目上の人(社長とか部長とか)が「お先に」と声をかけてきたときに、部下としては何と言って返せばいいのか?】

 この問いに対して、僕は「ごくろうさま」は見下したニュアンスがあるから、「おつかれさま」がいいのではないか、と思ったのですが、金田一秀穂先生の見解としては、「おつかれさま」も×で、言葉ではなくお辞儀・会釈がいい、ということでした。
 確かに、目上の人に対してこういうときにかける言葉というのは、困りますよね。結局のところ、うまく当てはまる言葉が無いから、「言葉じゃない方法で」ということになるのでしょう。とはいえ、音声でのあいさつには、音声で返すほうがなんとなく自然なのではないかな、と僕は思うんですけど。
 ちなみに、医療業界では、なんでも「おつかれさま」を使うことが多いです。

アクセスカウンター