琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

デビルマンもびっくり?

http://www.daily.co.jp/ring/2007/03/16/0000271597.shtml

買収直後の豆まきで「たとえ1人になっても高田と戦う」と誓っていたはずの小川がコロッと魂を売った。デビルマンもびっくりの裏切りだ。

 この部分を読んで、マンガのストーリーを思い返し、えっ、デビルマンって裏切ったっけ?と考えこんでしまったのですが、サタン側からすれば、確かに「うらぎーりもののーなをーうーけてー」ですね。
 あの『デビルマン』のマンガ版は、僕にとっては人生で最も後味が悪くて、にもかかわらず忘れられないほど美しい終わりをした作品です。

アクセスカウンター