琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2008-06-09から1日間の記事一覧

秋葉原の事件とロバート・キャパの言葉

当事者じゃなくなればとたんに観客になる人々ってなんだかなあ - novtan別館(2008/6/8)) ↑のエントリと、そのブックマークコメントを読んで。 まず、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。人間の死というのは理不尽なものではあるけれども、…

されど われらが日々―― ☆☆☆☆

されどわれらが日々― (文春文庫)作者: 柴田翔出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/11メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (22件) を見る ■内容紹介■ 何一つ確かなもののない時代を懸命に生きようとした二人の男女を描き、60年代〜70年代に…

アクセスカウンター