琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

有馬記念の枠順決定


有馬記念(G1)
12月26日 15時25分 中山9R 芝2500メートル

番 馬名 性齢 重量 騎手 厩舎
1 1 ゼンノロブロイ 牡4 57 ペリエ 藤沢和
2 2 ピサノクウカイ 牡3 55 藤田 藤沢和
  3 ハイアーゲーム 牡3 55 吉田豊 大久保洋
3 4 [地]コスモバルク 牡3 55 五十嵐冬 田部(北海道)
 5 ハーツクライ 牡3 55 横山典 橋口
4 6 シルクフェイマス 牡5 57 四位 鮫島
 7 ユキノサンロイヤル 牡7 57 柴田善 増沢
5 8 ダイタクバートラム 牡6 57 武豊 橋口
 9 タップダンスシチー 牡7 57 佐藤哲 佐々木晶
6 10 デルタブルース 牡3 55 ボニヤ 角居
 11 ヒシミラクル 牡5 57 角田 佐山
7 12 グレイトジャーニー 牡3 55 小牧 池江泰郎
 13 ツルマルボーイ 牡6 57 蛯名 橋口
8 14 コイントス 牡6 57 岡部 藤沢和
 15 アドマイヤドン 牡5 57 安藤 松田博


 比較的枠順の影響は少ない中山2500mですが、ゼンノロブロイの最内が気になるくらいで、あとはあまり大きな影響はなさそうです。「ロブロイマーク」を宣言しているコスモバルクはロブロイのちょっと外の内枠。マークするには絶好ですが、さて、気性的に行ってしまわないかどうか?タップとコスモ、そしてあと逃げる可能性もありそうなグレートジャーニーあたりの出方が鍵になりそうです。流れが落ち着けば、タップの押し切りもありそう。
 ただ、考えてみると、有馬記念って人気の逃げ馬が勝った記憶がないんですよね。もっとも、僕の記憶の限りでは、逃げ馬で人気になったのって、セイウンスカイくらいなんですけど。

前々日予想としては、
ゼンノロブロイ
コスモバルク
デルタブルース
タップダンスシチー
×ダイタクバートラム
×ヒシミラクル
×シルクフェイマス

もっとも、こんなの全部買っていたら、当たってもマイナスになること必定なので、これからもう少し絞らなければなりません。だんだん×3頭が怖くなってきた…
あと、ドンは芝というより距離で切り、ツルマルもどんどん距離適性が短いほうにシフトしてきて、中山でハイペースにはなりそうにないので切ります。

アクセスカウンター