琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2004-03-18から1日間の記事一覧

合コン

http://d.hatena.ne.jp/fukoich/20040317#p3僕は初対面の人と話とかするのは死ぬほど苦手なので(「医者と患者」という関係性が明確なロールプレイはできますよ、一応)、合コンってつきあいで2〜3回顔を出したことがある程度なのですが、感覚的には「合コ…

「白い巨塔」への違和感

TV

「浪速大学なのに関西弁喋っているのはおかしい」と書かれていたのを読んで思ったのだが、ハリウッド映画なんか、古代ローマ人が平然と英語で喋っているので、たいした問題じゃないような気もします。

「それでも私は人を治すんだっ、自分が生きるために!」(byブラックジャック)

いきなりCMで女性がこの言葉を口にしていてビックリ! この言葉を書いた手塚治虫という人も、自分の存在意義に悩んでいたんでしょうね。そういえば宮崎駿監督は、手塚さんと仲違いしていたのだそうです。その理由は、「アニメ製作者の待遇についての意見の…

理由

医者ほど職業を口にするたびに、「どうして医者になろうと思ったのですか?」と問われる仕事は無いのでは?まあ、自分を診るかもしれない人には、ちゃんとしたモチベーションがあって欲しいのかなあ。

逆転裁判2

最後はちょっと引っ張りすぎ!ジャンプの漫画かと思った。おかげで寝るの遅くなっちゃったし。 でも、負けたよ、面白いよ逆転裁判。ストーリーもベタベタなんだけど、納得。 最近ベタなストーリーに弱くなって、親世代が水戸黄門好きな理由がわかってきた。 …

それでも私は人を治すんだっ!

「いやしのつえ」http://www5f.biglobe.ne.jp/~iyatsue/の人が書いてます。

アクセスカウンター