琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

オークス予想

ダンスインザムード
グローリアスデイズ
アズマサンダース
ヤマニンシュクル
×ギミーシェルター
×ヤマニンアラバスタ
×ダイワエルシエーロ

◎はやっぱり外せない。藤澤調教師は「マイルの競馬が上手すぎる」と2400mへの距離延長に対する不安をコメントしていたそうだが、たぶん杞憂だろう。
血統・馬体・脚質、どれをとってもこの馬は2400も守備範囲だろうし、他の馬が苦にすることを考えれば、桜花賞以上の圧勝劇もありそう。

○は、距離適性と東京2400mを知り尽くした大ベテラン岡部騎手にエールをこめて。ここでダンスに勝ったりしたらドラマなんだけど、役者が違うかな。

アズマサンダースは、そんなに切れる脚はないけど堅実に伸びてくる。競馬センスもある馬だと思うし、決め手には欠けるものの上位争い。

ヤマニンシュクルは諸刃の剣。桜花賞で最後にいい脚で差してきて、距離延長+直線の長い東京コースでさらに、とオークスで人気になる馬はけっこういるのだけれど、実際のところは一昨年のシャイニンルビーのように、東京2400mだと阪神のマイルと同じ末脚は使えない、という結果に終わることが多い。力は認めるけれど、本当に距離延長がプラスになるかどうかは未知数。

×3頭は、東京コースへの適性から。今年はどうもヒモ荒れの予感がするので、ナナヨーウイングやチュ−ニーみたいな馬を探したいところ。

実際、ダンスの相手は何が来てもおかしくない、そんなレースだと思う。


それにしてもオークスというのは「競馬はやっぱり血統」というのと「血統なんてアテにならない」というのを交互に思い知らされるレースで、要するに当てるのが難しいのだ。

アクセスカウンター