琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「デッドエンドの思い出」(よしもとばなな)

真面目に生きようとする人間の「幸せ」みたいなことが書いてあります。
なんというか、せつなさから自己肯定へ、と言うか。
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」みたいなものでしょうか。

それにしても「TSUGUMI」のときにはどうもしっくりこなかった、よしもとさんの世界観が今はとても心地よく感じられるのは、彼女の作品が変わったのか、それとも僕の感じ方が変わったのか?

アクセスカウンター