琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

個人のホームページへのメールと返事の有無(大手小町)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200407/2004070900040.htm


 ああ、サイト管理人としては、耳が痛いなこれは。
 でも、僕からしたら「一度返事しただけでも偉い」とか思ってみたり。
 あの、率直に申し上げて、返事が来ないのは、単に「そこまで手が回らない」だけだと思うのです。特定の誰かにメールを書くというのは、けっこうキツイ作業ですし、不特定多数に向けて文章を書くのにマメであるのと特定の誰かに対して文章を書くのがマメであるのとでは、必ずしも一致しない場合も多いのでは。
 学校で真面目に掃除をしているからといって、家の部屋が綺麗だとは限りませんし。
 (もちろん、両立させている人もいますけどね)

 もうひとつ言わせていただければ、このトピックを立てた人は、【パソコンの世界では、返事はしない、というルールがあるのですか。】というような、ちょっとキツイというか几帳面すぎるというか相手を追い詰めてしまうというか、そういう感じの「返事をしにくいメール」を送られているのではないかなあ、という気もするんですけど。
 そんな厭味ったらしく「あるわけないルール」とかを書くっていうのは「あーら、お宅ではそういう教育をなさってるの?」とか言われそうだもんなあ。

 ああそうだ、ついでに「個人サイト管理人にメールをして、返事をもらえる可能性をアップする確実な方法」を僕が伝授してあげましょう。
 「あなたが1日1万アクセスとかの有名大手サイトの管理人になる」
 これは超強力です。
 ただし、僕もそんな立場になったことはありませんが、おそらく他のサイトにメールを書く気力は無くなると思います。

 たぶん大手サイトの管理人も、最初は一生懸命返事書いてたんだろうけどねえ。

アクセスカウンター