琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「パクリ」でもいいから読んでほしい?

「Winnyでいいから読んでほしい」? 現役世代の本音と著作権保護期間問題 (by IT Media News (7/27))

 ブログをやっていると「とにかく自分が書いたものを多くの人に読んでもらいたい!」と思うのですが、その一方で、「パクリ」とか「全文引用」だとちょっとなあ、という気もするのです。極論すれば、「自分が書いたものを読んでもらえる」という意味では、パクリであっても構わないはずなのですが、やっぱり、お金のこととかはさておき、「自分が書いたものを(自分の作品として)多くの人に読んでもらいたい」というのが多くのブロガーの「本音」なのではないでしょうか。もともと金銭的な見返りがないだけに、そういう「名誉欲」みたいなのは、かえって作家志望の人よりブロガーのほうが強かったりするのかも。
 それとも、「誰も読んでくれないんだったら、Winny経由でも誰かに読んでもらいたい」と言っていた人でも、ちょっと「お金になりそうだ」ということになると、考えが変わってしまうのかな……

アクセスカウンター