琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

探偵ガリレオ ☆☆☆

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

 福山雅治柴咲コウでドラマ化される(しかも「月9」)ということで読んでみたのですが、僕にはちょっと「面白みがよくわからない作品」ではありました。まあ、僕の場合は、もともと「トリック・謎解きがメインのミステリ」ってちょっと苦手で、「読者には絶対にわからない、作品を読み返しても思いつかないトリック」というのも、アンフェアな感じがして、好きじゃないんですよ。この小説を読むより、でんじろう先生の実験のほうが面白いと思うしね……
 湯川学というキャラクターも、あんまり確立されていないような気がしますし。
けっしてつまらないわけではなくて、「知識欲」はそれなりに満たされるんですけど、「ふーん、そんなことがあるのか」と、素朴に感心しながら読むしかない作品で、僕としては「置いてけぼりにされている感じ」が強かったです。
 ただ、逆にあまり「情に訴える部分」とか「人間を描くこと」に頼っていない作品なので、ドラマ化するには、「色をつけやすい原作」ではあるかもしれませんね。演出次第で、ドラマは面白くなる可能性はありそうです。

 

アクセスカウンター