琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「説明がよくわからなかった」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060327i203.htm

この事件に関しては、後日、本サイトのほうに書こうと思うのですが、↑の記事を読みながら、「僕ももしこんなふうに事件の当事者になったら、『あの医者の説明はよくわからなかった』って言われそうだな」ということでした。あまりメカに興味がない僕がディーラーで車の故障箇所の説明を聞いてもよくわからないように、専門的な領域だと「基礎知識の無い人に完璧にわかったと思わせるような説明」をするのって、正直、不可能なんじゃないかと思うんですよね。患者さんだって、説明を聞くために予備知識を持ってきてくれる人ばかりじゃないし、場合によっては、「ネット上に転がっていた偏った知識」しか持っていなくて、かえって困惑したりすることもあるんだよなあ。

アクセスカウンター