琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎)

読了。絶対に映像化できない作品。「本」というものの性格を意図的に利用した「ズルイ!」と思わず呟いてしまうトリック。
いろんな意味で「書ききれてないなあ」とか感じるところもあるのだけれど、それでも良い作品だと思います。

アクセスカウンター