琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

高松宮記念予想

高松宮記念(GI)
枠 馬番    馬名     性齢 重量    騎手    
[1] 1  キーンランドスワン 牡7  57.0  四位 洋文  
[1] 2  トウショウギア   牡6  57.0  赤木 高太郎 
[2] 3  プリサイスマシーン 牡7  57.0  岩田 康誠  
[2] 4  マルカキセキ    牡5  57.0  吉田  稔  
[3] 5  マイネルアルビオン 牡4  57.0  柴山 雄一  
[3] 6  ネイティヴハート  牡8  57.0  内田 博幸 
[4] 7  リミットレスビッド 牡7  57.0  田中 勝春  
[4] 8  ブルーショットガン 牡7  57.0  藤岡 佑介  
[5] 9  シンボリグラン   牡4  57.0  デムーロ   
[5] 10  カネツテンビー   牝7  55.0  江田 照男  
[6] 11  オレハマッテルゼ  牡6  57.0  柴田 善臣  
[6] 12  ギャラントアロー  牡6  57.0  幸  英明  
[7] 13  シーイズトウショウ 牝6  55.0  池添 謙一  
[7] 14  ラインクラフト   牝4  55.0  福永 祐一  
[7] 15  ウインクリューガー 牡6  57.0  中舘 英二  
[8] 16  タマモホットプレイ 牡5  57.0  渡辺 薫彦  
[8] 17  ゴールデンキャスト 牡6  57.0  小牧  太  
[8] 18  コパノフウジン   牡4  57.0  佐藤 哲三  

難しい、本当に難しいレースです。ハイレベルの争いというよりは、ちょっと気が利いたG3くらいのメンバー構成に中京の1200mという条件を考えると、あまりG1レースだからと考え込まないほうが良いのかもしれません。
最近の傾向を考えると「外枠の差し馬」を狙ってみたいような気がするのですが、今年は前に行く馬が少なくて、ギャラントアローの先手でまず間違いないので、前残りになりそう。土曜日の中京メインの1200m戦を見ていても、外から追い込んできたのでは、絶対に届きそうもない感じでしたし。
というわけで、以下印を。

シンボリグラン
 このメンバー構成だと、最近の調子、距離実績、脚質からみても、本命にせざるをえない感じです。ただ、あくまでも「消去法の本命」なので、過信もできないのですが。

○オレハマッテルゼ
 なんか、キングヘイロー的(というかむしろ、ディバインライト的?)な馬なんですが、こういう馬がなんとなく1200m走ってみたら好走するのが高松宮記念なのかな、と。左回りは得意らしいですし、ここに使ったのは、そのキングヘイローでこのレースを勝った柴田善臣騎手の進言らしいので、軽視できない一頭かと。

シーイズトウショウ
 うーん、▲にしてはみたものの、この馬とかテンシノキセキとかは、すでに「G1を獲れる旬」を過ぎてしまった馬なのではないか、という気がしています。でも、中京実績や持ち時計、調教での調子からすると、無視もできないし…とりあえず、◎○からは流します。

マイネルアルビオン
 とにかく状態が良さそうですし、内目の枠から前のほうで流れに乗れれば、チャンスはあるのではないでしょうか。人気もないし、狙ってみたいところ。

ギャラントアロー
 ほんと、この馬とかユートピアとかバランスオブゲームって、「もうG1では絶対に買わん!」と何度決心したことか。でも、今回は単騎で行けることが確実ですし、こういう全体のレベルが高くないレースでは、「展開利」はかなりのアドバンテージになりそう。

×ラインクラフト
 高松宮記念にぶっつけで参戦してきた馬で連に絡んだ馬は、けっして多くはないのです。ましてや今回のラインは軽症ながらも骨折明けで追い不足。馬主さんは名古屋の馬主会の方らしいので、「顔見世興行?」なんて勘繰りたくもなりますし。
 でも、このメンバーだったら、顔見世のつもりでも押し切っちゃったりする可能性もなくはないような気も……

馬券は、◎○▲△のボックスと、◎、○からそれぞれ☆、×への馬連まで。でも全然自信ないです。