琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

芥川賞に川上未映子さん 直木賞は桜庭一樹さん


芥川賞に川上未映子さん 直木賞は桜庭一樹さん(朝日新聞)

この時間に両賞とも発表されたということは、比較的すんなりと決まった、ということなのでしょう。
僕は桜庭さんに『私の男』で授賞するのなら、『赤朽葉家の伝説』のときにあげてほしかったなあ、とも思うのですが、これもまた直木賞、なんですよね、きっと。『鉄道員』で浅田次郎さんが受賞したときにも、「なぜ『蒼穹の昴』に……」って思ったものねえ。
なんとなくむさくるしい候補者のたちのなかで、話題性も華もある受賞者で良かったといえば良かったのですが、結果的に、「タイミングに恵まれた」面もあるかもしれませんね。

そうそう、『私の男』は、正直ちょっと「重そう」な感じなのですが、桜庭さんの読書日記は本好き、とくにミステリ好きにはオススメです。「読み手」としても、これだけ本を読んでいる人って、なかなかいないんじゃないでしょうか。桜庭さんの「芸域」の広さは、この読書量に支えられているのだろうなあ。

↑の僕の感想はこちら。



私の男

私の男

アクセスカウンター