琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「CASSHERN キャシャーン」

を紀里谷さんが映画化したいと思ったのは、同世代的に良くわかるような気がします。子供心に、ほんとうに「見ちゃいられない話」だったんだよキャシャーン。主人公虐待されるし。
あと僕に残されているのは「怪傑ズバット」とか「まいっちんぐマチコ先生」くらいでしょうか。うーん、あんまり金持ちにならないほうが自分のためかも…

アクセスカウンター