琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

あの「電車男」の主題歌なのですが、昨日CD屋(というか、CDも置いてあるレンタルショップ)に二件行ったところ、二件とも品切れでした。けっこう売れてそう。あらためて歌詞を聴いてみると、ネット者には、ものすごく考えさせられる内容だったりするのです。
ところで、これを聴いていて思ったのだけれども、ロックの世界で語られる”LOVE&PEACE”の"LOVE"と"PEACE"というのは、"LOVE"をキリスト教の"eros"的なものとするならば、共存しえない概念のような気がします。スターウォーズのEP3は、LOVE vs PEACEの物語なのだろうし。ただ、どっちかが良いとか悪いとこじゃなくて、多くの人々は、LOVEとPEACEのバランスの上に立っているのだろうけれども。

アクセスカウンター