琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「世界樹の迷宮」オリジナル・サウンドトラック ☆☆☆☆

「世界樹の迷宮」オリジナル・サウンドトラック

「世界樹の迷宮」オリジナル・サウンドトラック

 あの、局所的に大ヒットした3DダンジョンRPG『世界樹の迷宮』のサウンドトラック。ゲーム音楽のCDとしては比較的シンプルなつくりになっていて、アレンジバージョンやオーケストラバージョンが収録されているわけではありません。でも、このCD、なんと2枚組で、1枚はゲーム中に聴ける「ニンテンドーDS音源版」で、もう一枚は、あの懐かしいPC8801のFM音源版!なのです。まあ、細かいことを言わせていただければ、「PC8801mk2SR以降」のFM音源版なのでしょうけど。
 『世界樹の迷宮』の音楽担当は、あの『イース』シリーズなどを手がけた、FM音源時代のゲームミュージックのプリンス、古代祐三さんなので、僕のような『古代サウンドに感涙した世代」にとっては、非常に嬉しい企画と言えましょう。
 ただ、実際に聴いてみると、DS版もかなり「昔のFM音源的な音色」を意識して作られていたみたいで、曲にもよりますが、DS版とPC8801版のあいだには、そんなに大きな違いはないような気もします。それでも88版に対しては、「なんだかすごく懐かしい感じ」がするんですけどね。
 「古代サウンド」が懐かしくなる日が来るなんて、「パソコンでこんな『音楽』が鳴らせるのか!」と、その「最新鋭の技術」に感動していた高校生の僕には、想像もつかなかったよなあ……

アクセスカウンター