琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

名言セラピー

3秒でハッピーになる 名言セラピー

3秒でハッピーになる 名言セラピー

ちょうど手元に読む本が無かったのでコンビニで購入。
確かに、面白いというか、元気が出る言葉が納められています。
……いるんですけどね。

率直に言うと、いまの世界は、こんな安直で口当たりの良い「名言」とか「人生訓」みたいなのを、多くの人が求めているのか……という気分にしかなれなかったんですよね。引用先も「トンデモ科学の本」とか「IT長者の発言」とかが多くて、こういう「ただ前向きなだけの言葉」を何も考えずに肯定的に受け止められるような人なら、たぶん、この本を読まなくても「幸せ」になっていると思うのですよ。こんな安易な「癒し」の本を、こんな値段で売っていて、しかもそれがベストセラーになっているというのは、なんだかねえ。


というわけで、本当に僕がオススメしたい「名言」の本をいくつか挙げておきます。

ポケットに名言を (角川文庫)

ポケットに名言を (角川文庫)

薄い本なんですけど、僕はいつも手元にこの本を置いています。ちょっと時代的に古さを感じるところもあるのですが、喜怒哀楽がこめられた、珠玉の名言集。

英文対訳 世界を動かした名言 (講談社プラスアルファ文庫)

英文対訳 世界を動かした名言 (講談社プラスアルファ文庫)

正直、「英文対訳」の部分は、勉強っぽくて煩わしくもあるのですが、「いいこと言ってやるぜ!」というような力みのない、スッと心に入ってくるような言葉が集められています。

これぞ、リリー・フランキーの真骨頂、という感じでしょうか。ややアダルト向けではあるし、あんまり「勉強になる」という感じではないのですが、「人間のどうしようもなさ」を素材を生かして料理している本。でもこれ「名言本」とは、ちょっと違うかな……

アクセスカウンター