読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

【読書感想】女一匹シベリア鉄道の旅 ☆☆☆


女一匹シベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)

女一匹シベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)

内容紹介
ロシアの人ってあったかい
サンクトペテルブルクからモスクワ、そしてシベリア鉄道へ!
どこまでもつづく絶景を眺めながら 乗客たちとウォッカで乾杯! 9000キロの果てなき大地を駆け抜ける列車の旅!
一緒に旅する気持ちになれるコミックエッセイです。


 シベリア鉄道か……
 なんか水野晴雄さんのことを思いだすな……って、あれは『シベリア超特急』ですね……
 名前は聞いたことがあるし、鉄道好きとしては、一度は乗ってみたいけれど、現実的に一生乗ることはないだろうな、というのが僕の実感でした。


 このコミックエッセイ、実際にモスクワからシベリア鉄道で北京まで一人旅をした著者が、車内での体験や同乗した人たちとのふれあいを描いたものです。
 最近、世界が殺伐としているような気がしているのだけれど、懐に入ってみると、ほとんどの人は、けっこう優しいし、困っている外国人をみると、手を差し伸べてくれる人も少なくない。
 その一方で、「ロシアで地下鉄の切符売りのおばさんにお釣りを投げて返された」なんて話を読むと、それだけで、「こういうのって、けっこうキツいよなあ……」と尻込みしてしまうのも事実なんですけど。
 僕も昔、ラスベガスで通りがかりのアメリカ人らしき若者に、車から罵声(たぶん)を浴びせられて、すごくイヤな気分になったことを思いだします。
 10の親切と1の不快な出来事があったとして、その1のほうばかり思いだしてしまう性格だと、あまり海外旅行には向いていないのかもしれませんね。
 

 でも、これを読んでいると、無口で無愛想で、何を考えているかわからない感じがするロシアの人たちが、シベリア鉄道で同室になった著者に、当然のように食べ物をおすそわけしてくれたり、お酒が入るとすごく饒舌に、明るくなったりすることもわかって、なんだかちょっと嬉しくなってきます。
 ああ、どこでもいっしょ、なんだな、って。


 シベリア鉄道というのは、その距離と所要時間の長さもあって、観光客がほとんどなのではないか、と僕は思っていたのですが(著者もそう思っておられたそうです)、実際は、モスクワからイルクーツクというロシア国内での移動のための「生活列車」として利用している乗客が多いというのも初めて知りました。
 あらためて考えてみると、「なぜ飛行機で移動しないのだろう?」とも思うのですけどね。
 料金の問題なのか、飛行機恐怖症なのか……


 ちょっと調べてみると、イルクーツクには国際空港があるのですが、滑走路が短く、周囲が丘に囲まれ、市街地に隣接している「ロシアで最も離着陸が困難な空港」なのだそうです。
 1997年にはロシア空軍の輸送機が離陸直後に住宅街に墜落し、72名が亡くなっているのだとか。
 なんでそんな場所に空港をつくってしまったんだ……という感じではありますが、僕にとっては身近な福岡空港も、日本では名うての「難着陸空港」なんですよね。


 現実的にはシベリア鉄道での旅なんて、無理だよなあ、なんて思い込んでいたのですが、この本を読んでみると、「もしかしたら、僕でもやってみたらできるんじゃないかな」と、ちょっと希望がわいてきました。
 すごく温かい気持ちになれるコミックエッセイです。


「ロシアの女軍人さんは、ミニスカ率が高い」「黒のストッキング+ハイヒールも多い」なんていうのを読むと、「ちょっと見てみたいかも……」などとも思うのです。
 いや、現実に軍人さんと遭遇したら、「すみません、僕は悪い人じゃないです!」って、固まってしまうこと請け合いですけど。