琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「博士の愛した数式」(小川洋子著・新潮社)

半分くらい読みました。確かに良い本だと思う。
オビには「感動!」なんて書いてあるけれど、著者がそんなに「感動させてやる!」って肩肘張っていないところが。

アクセスカウンター