琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

渋谷ではたらく社長の告白 ☆☆☆

渋谷ではたらく社長の告白

渋谷ではたらく社長の告白

もともと伝記ものとかドキュメンタリー好きなこともあって、けっこう面白かったです。文章にも妙な飾り気がなくて、テンポ良く読めますし。ただ、僕にとっては藤田社長に共感できる面というのはあまりなくて、「ああ、世の中には、こんなにエネルギーに満ち溢れた人がいるんだなあ」と感心したり、ため息をついたりするばかりで。本の帯には「感動の物語」と書いてありますが、「感動」とはちょっと違うかな。
でも、若い社長が若い時点で書いた起業という冒険譚というのは、なかなか興味深かったです。あまりに「ベンチャー精神」の無い自分が情けなくもなったし。
ところで、この本でちょっと残念だったのが、現在の「サイバーエージェント」というのが何をやっている会社なのかがよくわからなかったことと(「営業」って、そういうものなのかもしれないけど)、奥菜恵さんとのことが、あまり詳しく語られていなかったことでした。企業秘密だったり、プライバシーだったりするんでしょうけど。
奥菜恵さんは、見かけによらずけっこう遊んでいる」とか言う噂がありましたが、そのへんの「真実」が2人で語られたことはなかったのかな、とか下世話なことを考えていたので。それにしても、妻が奥菜恵って、どんな気分なんだろうなあ。

アクセスカウンター