琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「逆転裁判」の評価

http://wttwtt.seesaa.net/article/3606025.html

「捜査と法廷でのやりとりで矛盾を導き出して、無罪を勝ち取る」という『逆転裁判』なのですが、最初のころの作品は、まさに「頭をひねって、矛盾を指摘する」ゲームだったのに、シリーズが進むにしたがって、「逆転裁判ワールド」という感じの独自の世界観を持つゲームになっています。「そんなやつはいない!」とか「霊媒に証拠能力があるのか?」とか「そんなトリックが現実に成功するのは、天文学的確率じゃないのか?空想科学研究所に調べてもらいたい」というような突っ込みどころ満載。
 それでも、この『逆転裁判』は、僕にとってはものすごく面白いゲームなんですよね。辻褄というより「どうやって、この状況をもっともらしく見せるんだ?」という楽しさ。
 まるで古典芸能のような「間」の世界の魅力。
 サイバンチョ「では、判決を…」

 …来るぞ来るぞ……

 (まだか?)

 『待った!』


 というわけで、「4」も楽しみにしています。もういっそこのまま突っ走ってもらいたい。中途半端にリアルだけどつまんないゲームなんて、たくさんあるんだしね。

アクセスカウンター