琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ミリオンダラー・ベイビー ☆☆☆☆

http://www.md-baby.jp/

(なるべくネタバレなし)

安田記念で、BOXに入れた5頭が1頭も掲示板に載らず、カープは連日の出口の見えない連敗街道を驀進中の日曜日、何か元気が出る映画を観よう!ということで観てきましたこの「ミリオンダラー・ベイビー」。今年のアカデミー作品賞(&監督賞・主演女優賞・助演男優賞)受賞作。

結論から言うと、すごく良い映画だと思います。なんというか、「アビエイター」が脳にじわじわと染み込んでくる映画なら、こちらは、観ているだけなのに、肉体的な「痛み」が伝わってくる感じ。

…ただ、この映画に「気分転換」を求めたのは失敗だった、それだけはまちがいないです。
なんかもう、ファイナルファンタジー3のラストダンジョンに紛れ込んでしまったような印象で。
死ぬ間際に「平凡だったけど、幸せな一生だった」なんていうのは、「自分に嘘をついている」のではないかなあ、という昔からの疑問が、また再燃してしまったよ。

アクセスカウンター