琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「限りなく透明に近いブルー」

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

ダ・カーポ」の芥川賞直木賞特集で読んだのですけど、この作品の原題って、『クリトリスにバターを』だったそうです。内容的には原題のほうがしっくりくるような気がしますが、それだとたぶんこんなには売れなかったでしょうね。

アクセスカウンター